過活動膀胱になってしまう原因は、いろいろ考えられることがあります。
その一つが、神経系のトラブルといえるでしょう。
脳血管障害といわれている脳出血や脳梗塞が、
その代表的な疾病といえるでしょう。
脳血管障害以外で過活動膀胱になる疾病としては、
パーキンソン病や脊髄損傷などがあげられます。

このような病気になったら、
脳と膀胱をつないでいる神経系に何らかの障害が起こってしまいます。
膀胱に尿がたまったから、膀胱から脳へ信号を送り、
脳からトイレへ行くように命令を出すということが、
うまく働かなくなってしまうのです。

尿が膀胱たいしてたまっていないにもかかわらず、
トイレへ行くように脳から命令が出るので、
トイレへ行ってもたいして尿は出ません。

しかしトイレへは行きたくなるため、トイレへ行きます…。
そのため頻尿となってしまうのです。
こうなると、しょっちゅうトイレへ行かなければいけなくなるので、
ストレスもたまってしまいます。

頻尿サプリのお勧めランキング