仏式のお葬式や神式のお葬式のように、決まり切った流れがあるわけではありません。
そのため、ダラダラ不都合なことも生じてくる。

みんなが、お葬式に出席した経験がある結果、
お葬式の動きというものを理解しています。

ただし無宗教葬儀のように、家族がお葬式の流れを決めてしまっている場合であれば、
お葬式に出演された方々は、どうして対応していいのかわかりません。
とまどってしまいます。

ただ座っている際だけでいいのであればまず、そうでないこと、
単位出演人にレビューをしないいけませんし、またそのレビューをする第三者が必要となります。

またこのように宗教を無視したお葬式のあげパーソンでは、年輩のパーソンからの吊し上げを浴びかねません。

そのため無宗教葬儀をあげたいって、誠に思うのであれば、
周囲の同感を得、将来もめないように気をつけましょう。家族だけのお葬式ならこちら

たとえば、社葬を行うヒューマンであれば、
まず最初に密葬をし、そしたら社葬といった大規模なお葬式を執り行います。
こういう社葬が、本葬と呼ばれるお葬式だ。

社葬は、大規模なお葬式となることがほとんどです。
また一般的なお葬式とは違い、様々な表現をやり、
個性あふれるお葬式となることが多いです。
そのため挨拶を誰にお願いするのか、どういう表現を行うのか、
どうして進行していくのか、決めなければいけないことがたくさんあります。

そのため社葬には、さんざっぱら長時間を要します。
社葬には設置が掛かる結果、亡くなられてすぐには、執り行なうことができません。
なので、では親類や遺族、親しかった仲良しや近隣だけでお葬式を行います。
こういうお葬式のことを、密葬と言います。

そうして社葬の設置が整ってから、普通会葬人を呼んで、社葬を執り行います。

一般的には、密葬の後、数週間後くらいになります。家族だけのお葬式について詳しくしりたいならこちら